荻原綾さんは患者のことを一番に考える

看護師をしている荻原綾さんは、患者に近い存在でありたいという信念を持って患者と接しています。病気を治すために診察をするのは医者ですが、患者は医者よりも看護師を頼りにすることが多く、親切な対応をする荻原綾は患者からも信頼されています。医師の診察や指示などに対して補助をするのは当然ですが、入院患者さんの対応にも追われる毎日です。荻原綾さんが心がけていることは入院している患者さんが過ごしやすい環境を作ってあげることをいつも意識しています。

1日も早く退院できるように常に患者の症状をしっかり把握して、ちょっとでも異変を感じたらすぐに医師に報告するようにしています。医者では目が届かないことを看護師がしっかりカバーしていかなければいけません。最近では医療体制も高度になっていて、患者さんへの対応の仕方も変わってきています。常に患者との接する時間を作ることを心がけているので、医者よりも患者さんのことをよく知っています。

看護師として働いて10年目となった荻原綾さんは中堅としてとても忙しい毎日を送っていますが、患者との関わりを大切にすることを毎年病院に配属が決まった新しい看護師にも自分の思いをしっかり伝えるようにしています。